2014.02.09 Sunday

雪

今年に入ってからかなりたくさんの本を読みました。

ブログが若干お休み気味なのは

夜な夜な本を読んでいたからで、

仕事はちゃんとやっておりますし

日々つつがなく暮らしております。

こんなに寒くても、袢纏着てこたつ入って

読みたい本をじっくり読んでいると

それだけでもうかなり幸せな気分です。


ここまで読んできた本は

今まで手に取らなかった分野の技術系の本で、

ただ「知りたい」という好奇心に動かされて

読んできました。

「なんでやろ?」が「なるほど!」に変わるたびに

次の「なんでやろ?」が浮かんで、

その繰り返しをしていたら

あっという間に1月が終わっていました。


本は素晴らしいです。

人が生涯をかけて取り組んだ研究や、

数えきれないほどたくさんの知識と技術の結晶が

一冊の本になっていて、しかもそれが

1000円や2000円で読むことができるんです。

さらに図書館に行けば無料で読ませてもらえるんです。

あたりまえかもしれませんが、

これってすごいことです。

ほんっとにありがたいなぁと思います。


およそ私が思いつく程度の疑問なんて

すでに答えがあって、実験や失敗をせずとも

本が教えてくれています。

私はいつも本に助けられています。


本を書いて残してくれた人たちに、

本を作ってくれている人たちに

ありがとうございますと言いたいです。





七輪

2014.01.29 Wednesday

七輪をトースターがわりに

今日は本当に気持ちのいいお天気で、

こんな日は外でごはん食べようと、

ひと月ほど前に購入した七輪をおろして、

炭入れて、火熾して、金網のせて、

ええ塩梅になったところで

母が作ってくれたサンドイッチを

弱火でトーストしました。


もうねー、これはねー、美味いです。

表面のきめ細かいサクサク感がたまりません。


市販の炭を使ったら

火熾しに時間がかかりますが、

薪ストーブでできる小さめの熾きを

消し炭にしてストックしてあるので

それを使いました。

七輪の中に消し炭を投入してバーナーで

上から10秒くらい軽くあぶるだけです。


こんなに簡単でおいしく食べられるのなら

七輪もっと早くやっとけばよかった。

さて、次は何を炙ってやろうか。




ゆーき!ゆーき!わー!

2014.01.22 Wednesday

雪だるま

今シーズンはまったく積もらんなーと思っていたら

今朝、少しだけ積もってました。

妹とかわいい甥っ子が遊びに来てくれて

外で遊ぶも、夢中になって雪だるまを作るのは

ええ年した私と妹だけでした。

去年はモヒカンやったけん、

今年はアフロにしてやろうと、

自然の素材で髪を移植しましたが

アフロとは程遠い出来になってしまいました。


正月あけてからもうはや月末で

企画展の納品まであと数日です。

あ、企画展の詳細は

また改めてご案内させていただきます。




雨の日の満濃池

2014.01.08 Wednesday

まんのう池

朝、junjuのパンを買って満濃池に行きました。

本を読みつつパンを食べ、珈琲を飲んでは

霧にけむる満濃池を眺めていました。

カイツブリが何度ももぐっていたので、

潜水時間を測ってみたら平均35秒でした。

潜水する鳥って、もぐりすぎて

ブラックアウトすることないのでしょうか。







あけましておめでとうございます

2014.01.07 Tuesday

薪わり

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


正月早々寝込んでおりまして、親戚が集まるなか、

起きて挨拶に部屋をでれたのが2日の夜でした。

パジャマに袢纏姿で居間に行き、

「あけましておめでとうございます

新年早々、よれよれですみません」と、

言い切るまえに甥っ子に

「貞子みたい(笑)」と言われて

初笑いしました。



年末に母と二人でついた餅は

近年稀に見る美味さで、家族も喜んでくれました。

やっぱり自分とこで搗いた餅が一番おいしいです。



昨日が仕事始めで、今日も注文の品を作っていたら

近所のおっちゃんが仕事場に来て

バンッと扉をあけて「やるんなー」と聞きます。

私は「うん、行くー」とこたえて準備します。

家族ですら扉を開ける時ノックしてくれるのに

このおっちゃんはお構いなしでどこでも

勝手に開けて入ってきます(笑)


何をやるかというと、薪割りです。

薪づくりを自分でやっていると話したら

「あんなん女のやる仕事とちゃうで、

薪いるんやったらなんで言わんのな!

遠慮しとったらいかんので、

言わんといかんので、わかっとんな!」

と、怒られました。それからほどなくして

軽トラに大量の薪を積んできてくれ、

「焚きもんのうなったらいつでも声かけえ」

と、おっちゃん。本当にありがたいことです。

「薪割り好きやけん次からは手伝わして」と

一緒にやることになりました。

薪わり

今日の薪割りは1時間程度でした。

おっちゃんの華麗な斧さばきを見せてもらって

ほうほうなるほど、と技を教えてもらいつつ、

おもしろい昔話を色々聞いて楽しかったです。


薪づくりはもちろん、

枯れ枝や杉の枯葉集めたり、

薪ストーブの段取りして火を熾すのも

灰がたまってストーブ掃除したり

煙突掃除するのも

なんやかんやと手間がかかりますが

火にまつわることって

何でこんなに面白いんだろうと

楽しくて仕方ありません。


火は自分が消費しているエネルギーについて、

生活のあり方について、

仕事のあり方について、

考えることを促してくれたように思います。


自分の中にも火を熾して

考えを行動に移していく年にします。






餅つき前夜

2013.12.27 Friday

もち米一斗三升研ぎ終わりました。

もち米は気持ちよさげに水の中で眠っています。

明日はGG家の毎年恒例行事の餅つきです。

「毎年恒例の餅つき」なんていうと

楽しそうな雰囲気ですが、ただもうひたすらに

蒸して機械で搗いて成形しての繰り返しです。

今年の餅つきメンバーは母と私です。



いつも年末になると「今年は何キロ搗こうかね」

と、母から相談がありますが、

私の意見が採用されたためしはなく、

2010年 14キロ
2011年 21キロ
2012年 12キロ
2013年 13キロ

と、毎年一斗超えは当たり前です。

県外で暮らす子供や孫のために

おいしいお餅をたくさん

食べさせてあげたいという母の一心から

こうしてたくさん搗いています。


さっきもち米研いでいたら、

すごくいい米だったので、

明日の出来上がりが楽しみです。



もうひと腰

2013.12.24 Tuesday

風邪をひいたとき、

深夜から明け方にかけての咳がすごくて

それが腰にひびいてうずくような痛みが

ずっとありましたが、

なんとかおさまってきました。


くしゃみは特に危険で、反動で激痛が走ります。

予兆がきたら

両手でしっかり何かにつかまってからでないと

あとで大変後悔することになります。

それもあってずいぶん前にくしゃみの練習をして

くしゃみをマスターしたのですが、

妹が私のくしゃみを見て

「ゲフゲフいうてなんか哀れげな(笑)」

と、笑われました。

でも、衝撃はかなり緩和されるので

これはとてもいい方法だと思ってます。

人に笑われるかもしれませんがおすすめです。





東京

2013.12.10 Tuesday

格安航空券

高松から成田が片道最安で4590円。

東京にどうしても行きたいお店があるのですが、

東京の地下にはダンジョンがあると聞いています。

RPGならなんてことないですが、

自分絶対、方向音痴全開で

さまよう自信がありすぎて腰が上がりません。



それにしても随分とお安いです。

いつか行けるといいです。








寒い

2013.11.11 Monday

赤い実

昨日、お花をいろいろ買ってきたのですが、

名前が難しくてすぐに忘れてしまいます。

これは、赤くておいしそうで

一番最初に目に留まったもの。

ひょうたんの徳利に生けてやりました。

和室の土壁とよく合います。


気温が低くなると花もちがよくなるので

長いこと楽しめてよいです。


今日は寒かったので

薪ストーブに火をいれました。


ベッドには湯たんぽもスタンバイしてます。

ぬくぬくのベッドに入るのが楽しみです。



湯たんぽ2代目

2013.11.01 Friday

湯たんぽ

初代湯たんぽはIH対応のトタン製でした。

直接IHヒーターで加熱することができたので

朝までずーっと熱々でした。

しかし、残念なことに錆びで穴をあけてしまい、

今度はプラスチック製の湯たんぽに交代しました。

使ってみると、

私の使い方がいけなかったのかもしれませんが

朝にはすっかり冷めていました。

朝の一番冷え込む時間帯に

あたたかくいてもらいたいんです。


そこで、お湯が冷めないように

カバーをもっと強力にしてやろうと思い、

もうかぶらないであろうニット帽の

ポンポンを外して

付属の綿100%カバーの上からかぶせたらぴったし!

口はリネンテープで開閉できるようにしました。

これでうんと寒い日に試してみます。

ダメだったらトタンにします。

どうしたって、あの

トタン湯たんぽの温もりが忘れられません。





いや、また錆びることを考えたら

チタンの方がいいのか。

それとも陶器のほうがいいのか?

んー、悩む。