ユリ根の花が咲いた

2015.07.02 Thursday

150702.jpg
今日はくもりの予報でしたが朝から晴れました。

我が家の台所でユリ根を調理せずに放置していたら黄緑色の芽が伸びてきて、

これ土に植えたら花咲くんちゃう?と、庭に植えたところぐんぐん成長してきて

家族で何色の花が咲くか予想しつつ開花を楽しみにしておりました。

そして今日、咲きました。

みんな可憐な色姿を想像していましたがちょっと強い雰囲気の百合でした。

でもちゃんと咲いて嬉しかったです。


この二日間、新しい物を作るために試行錯誤しておりましたが、

自分の思った形を作ることができてものすごく気分がいいです。

耳のピアスホールの有無にかかわらず着用できるもので、

お客様がどういう反応をしてくださるのか楽しみです。

素材はK10とシルバーにして片耳分で販売します。

GGの品はすべてご試着いただけますので、

二人展ではゆっくり試着しながらお気に入りを見つけていただけましたら幸いです。


 

森谷和輝さんのガラスとGGの真鍮

2015.07.01 Wednesday

150701.jpg

7月の二人展についてご案内させていただきましたが、今日もそのつづきです。

今回の二人展では森谷和輝さんの作ったガラスのあるものと、

GGが作った画像のゆれものを組み合わせて一つの作品を作りました。

夏の風物詩のあれです。

7月18日からはじまる二人展で直接お手に取ってご覧いただきたいです。



森谷和輝×GREGORIO GLEAM 二人展
「ふだんの日常、夏のてざわり 〜ていねいなガラスと育てるアクセサリー〜」

日 時 2015/7/18(土)-26(日) 11:00-18:00 (7月22日はお休み)

場 所 手しごとの器・道具テノナル工藝百職
京都市左京区聖護院川原町11-18

電 話 075-200-2731

在廊日 森谷和輝さん 7/18(土)、26日(日)
GG 7/18(土)





 

MIHO MUSEUM 夏季特別展

2015.06.28 Sunday

150628.jpg

MIHO MUSEUMの春季特別展が終わりまして、

7月4日からは夏季特別展「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」がはじまります。

この展覧会に合わせてミュージアムショップに納品いたしました。

春の展示とは趣が異なっており、こちらも見ごたえがありそうです。

夏休みに是非お出かけくださいませ。


「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
7月4日(土)〜8月30日(日)

■MIHO MUSEUM■
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時まで)
駐車場:普通170台・大型10台(駐車無料)
TEL: 0748-82-3411
FAX: 0748-82-3414
HP:http://www.miho.or.jp/


 

森谷和輝×GREGORIO GLEAM 二人展

2015.06.26 Friday

moriyakazuki&gregoriogleam.jpg

本日は夏の催し物のお知らせです。

福井県在住のガラス作家、森谷和輝さんと共に京都のテノナル工藝百職で二人展を行います。

期間は7月18日(土)から26日(日)までとなり、

今回も京都のCIRCUS COFFEEさんのおもてなしがございます。

20日(月・祝)限定で特製水出しアイスコーヒーが無料で振る舞われます。



森谷さんの美しいガラスとともに楽しんでいただけますよう

夏をテーマにした品を制作中です。

是非この夏の二人展、京都へお越しくださいませ。

みなさまにお会いできることを楽しみにしております。



「ふだんの日常、夏のてざわり 〜ていねいなガラスと育てるアクセサリー〜」

日 時 2015/7/18(土)-26(日) 11:00-18:00 (7月22日はお休み)

場 所 手しごとの器・道具テノナル工藝百職
    京都市左京区聖護院川原町11-18

電 話 075-200-2731

在廊日 森谷和輝さん 7/18(土)、26日(日)
    GG 7/18(土)






 

ブログを引っ越しました

2015.06.24 Wednesday

こんばんは。

やむを得ずブログを引っ越すこととなり、

すっきりした広告のないブログを探しているうちに引っ越し締切の日になってしまい、

予告なしのブログ移行作業中に訪れた方にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。


とりあえず引っ越しは終了しましたが、

リンクの張り替え等こまごましたものが何もできていないので、

お読みいただいているみなさまにはしばらくのあいだご不便をおかけして申し訳ないのですが、

これからも時々はブログを読みにきていただけると嬉しいです。


グレゴリオグリーム
安松仁美