冬デュオキャンプ 大池オートキャンプ場

2015.02.08 Sunday

大池オートキャンプ場

金曜日から一泊二日のデュオキャンプに行ってきました。

場所は香川県の東、

引田町にある大池オートキャンプ場で、

他には誰もおらず妹と二人だけのキャンプでした。


前日は強い雨と風がありましたが

当日は風が残るものの気持ちのいい青空が見えました。

このキャンプ場を選んだ理由は

「カヌーができるから」です。

大池という名前がつくくらいだから

大きな池でカヌーができるんだ!と

楽しみにして行ったら

「冬の間はカヌーもボートもできない」と

言われました。ショックです。

HPに一言載せておいてほしかった・・・。

大池オートキャンプ場

今回もフリーサイトを予約していたのですが、

この日は風が強かったので管理人さんが

「フリーサイトでは風が直に吹き付けて

難儀するだろうから、同じ料金で

オートサイトを使っていいよ」と、

お気遣いくださり、

風よけになる植え込みがある区画を選んで

幕を張りました。

キャンプおやつ

タープの下で三時のおやつ作りです。

リンゴをスライスして

バターと砂糖でソテーし、ラム酒でフランベします。

もう一方では予め混ぜてきたホットケーキミックスを

スキレットで焼いていきます。

キャンプおやつ

厚みたっぷりのふわっふわパンケーキが焼けました。

普通のフライパンよりも

厚みのある鉄フライパンの方が

ふっくらと美味しく焼けます。

リンゴソテーと生クリームをのせ、

コーヒーと一緒にいただきました。

ラム酒が香り、とても美味しかったです!

大池オートキャンプ場

予報では夜には風がやむとのことだったので

焚き火用の薪を多めに用意し、

大きな炎で暖をとろうと思いました。

キャンプ場でも枯れ落ちた枝をたくさん拾い

夜に備えます。

キャンプでラザニア

明るいうちに晩御飯の準備に入ります。

今回はラザニアとポトフです。

妹がベシャメルソース担当で、

バターを溶かして小麦粉をしっかり炒めて

牛乳でのばして塩コショウで味を調えます。

キャンプでラザニア

私はミートソース担当です。

オリーブオイルでニンニクを炒めて

玉ねぎ、人参のみじん切りを投入してさらに炒め、

キャンプでラザニア

さらに合挽き肉も入れて、

ホールトマト、赤ワイン、調味料をいれて

しばし煮込みます。

キャンプでラザニア

スキレットとココットに具と茹でた麺を

重ねていきます。

キャンプでラザニア

ベシャメルソースもミートソースも

いい塩梅にできたので

弥が上にも完成への期待が高まります。

キャンプでラザニア

最後にチーズをのせて蓋をします。

私が使っているスキレットは

ダイソーで買ったものなので蓋がありません。

なので、アルミホイルをした上に、

ぴったりサイズのステンレス鍋蓋を載せます。

これを焚き火の火にかけて蓋の上に熾きを置いて

上下からの熱でゆっくり焼いていきます。

キャンプでラザニア

ラザニアの次はポトフを作って、

買ってきたパンをガスバーナの火で炙ります。

キャンプでラザニア

晩御飯の完成です。

ラザニアはまけまけいっぱい詰め込んだので

焼いている最中じゅうじゅう汁があふれて

出来上がりが心配でしたが、

これがどうして、素晴らしい出来の

たいへん美味しいラザニアになりました。

キャンプでラザニア

妹と「美味すぎて笑いが止まりませんなぁ」と、

終始ニヤニヤしながらいただきました。

ポトフもサラダも炙ったパンも、

すべて大満足の食事となりました。

食事の後は近くの翼山温泉に行きました。

大池オートキャンプ場

温泉から帰ってきて、また火を熾し、

ベシャメルソース作りで余った牛乳で

ロイヤルミルクティを作りました。

大池オートキャンプ場

素足になって火にあたると本当に心地いいです。

吐く息は真っ白で寒いはずなのに

焚き火の炎があたたかくて気持ちよくて、

空には月と星をみることができ、自分は今、

なんて幸せな時間を過ごしているんだろうと、

心はしみじみと充実感に満たされていきます。

大池オートキャンプ場

焚き火にあたっていると

だんだん会話も少なくなって

それぞれが炎をじっと眺めては火に薪をくべ

ただ時間がゆっくりながれていきます。

あくびの回数が増えてきたので

焚き火の片付けをして

テントで寝ました。


シュラフに入ったらすぐに寝てしまい、

よく寝たなぁと、起きて時計をみたら深夜二時で

そこからまた寝ました。

大池オートキャンプ場

朝六時すぎに起きて火を熾し、

朝食の準備をします。

メニューはホットサンドとサラダと

昨夜のポトフの残りとコーヒーです。

ホットサンドの具は一枚目は

ツナとスクランブルエッグのマヨネーズあえ。

二枚目はカマンベールチーズと蜂蜜です。

この蜂蜜は昨年9月、まんのう町の某所で

ニホンミツバチの採蜜見学にいったとき、

おすそ分けでいただいたものです。

こういうところで食すとさらに美味しく感じます。

大池オートキャンプ場

朝に焚き火をしたのは今回が初めてです。

二人だと夜も安心して眠れますし、

やることを手分けできるので

設営や調理や片付けなど随分楽です。

その分、一つのことに時間をかけることもできます。

誰かと一緒にキャンプをするのも

いいものだなぁと思いました。

妹は冬キャンプを気に入ってくれたようなので

また機会があれば行きたいです。


美しい湖でカヌーをして

湖畔でテントを張り、二泊三日以上で

キャンプできたらいいなぁと思います。

毎回思うのですが、

一泊二日はあっという間すぎて毎回

後ろ髪ひかれる思いで去るので

ゆっくりじっくりキャンプしたいです。

一週間とかでもいいですね。









コメント
コメントする