紙モノ

2014.10.28 Tuesday

真鍮モチーフ

溶かした真鍮の雫を高い所から落とすと

こんな風に面白い形ができあがります。

ひとつとして同じ形にはならず、

意図したくてもできない形です。

これの材料は失敗したものや

中途半端に残った真鍮線などを使って作りました。

ラッピング

ラッピングするとこんな感じです。

長野県産の真白な絹糸を巻いて結び、

真鍮モチーフをポイントに使います。

小さな封筒はもともと厚手の紙の封筒でしたが、

ちょっと雰囲気を変えようと思い、

一枚々々ロウ引きしてみました。

ロウ引きすると色の表情が全く別物になって

透け感がでて質感はよりしっかりします。

この変化が楽しくて何枚やっても飽きなくて

面白かったです。

封筒ロウ引き

封筒の蓋には凸版で屋号を空刷りしました。

ロウ引きしているので空刷りすると

まわりが白ボケしていい感じです。

また指でなぞったときの凹感も

ロウ引きする前よりも

くっきりはっきりして好きです。


あ、でもこれは厚みのないリングや

小さいものしか入らないので

大きいタイプも作りたいです。


やっぱり紙モノは自分にとって癒しです。

もうなんとて楽しいです。




コメント
コメントする