やかん

2014.09.16 Tuesday

やかん

いつも使っているアカオアルミの7号急須です。

キャンプで焚き火をしたとき、火にかけると

持ち手と蓋のつまみが猛烈に熱くなって

プラスチックが熔けるんじゃないかと心配なので

ちょっと手を加えてみました。


ほんとは焚き火なんかで

使っちゃいけないのでしょうが、

すぐにお湯が沸いて、小さくて軽くて

多少の衝撃にもへこたれないので

キャンプに行くときはいつも持っていきます。

ただひとつだけ難があって、

ふたがガバガバで緩いのでもっとビシッと

納まりよくしてもらえたら言うことないです。

やかん

ちなみにこれが最初の姿です。

黒いプラスチックの持ち手に蓋のつまみ。

持ち手にはタンニンなめし牛革を縫いつけて、

蓋のつまみは庭木の山茶花を剪定したときの枝を

削り出して作ってみました。


ためしに火にかけてみましたが、

以前よりとてもいいです。

ヤカンが熱くなっても持ち手とつまみは

容易に素手で持つことができました。

やかん

革も木も無垢の状態なので

使っていくうちにいい感じに変化してくれることを

期待しつつ、大事に使っていきます。





関連する記事
コメント
コメントする