真鍮ブローチのお手入れ

2014.08.04 Monday

ブローチ洗浄

夏場は湿度が高いですし、汗をたくさんかきますし、

そうなると真鍮はどうしたって酸化が促進されます。

酸化だけでなくてなんだかよくわからない汚れや

シミなどがついてしまって

お困りの方もいらっしゃると思います。

今日は画像をふんだんに使いまして

真鍮のお手入れ方法をお伝えしたいと思います。

ブローチ洗浄

これはブローチです。

酸化はそれほどでもありませんが、

黒と白のシミ、指紋の跡が見られます。

ブローチを水につけ、

水滴が残った表面に重曹をかけます。

ブローチ洗浄

水と重曹の割合はこのくらいです。

水が多いと肝心の重曹が流れ落ちてしまうので

少しだけ水を含ませた状態にします。

画像はわかりやすくするため

全体の量を多めにしてあります。

両手で持ち、両方の親指で

ゴシゴシ、クルクルこすってやります。

すると、だんだん汚れが落ちてきて

重曹が黒くなってきます。

時間にして1分くらいでしょうか、

汚れが落ちたので水で洗い流します。

ブローチ洗浄

重曹と水だけで洗ってここまできれいになりました。

でも、よく見ると矢印のところ、

白いシミがまだ残ってます。

ブローチ洗浄
(ピンボケしてます、ごめんなさい)

ホームセンターで売ってる

金属みがき剤「ピカール」を使ってみました。

ピカールを屋内で使うときは必ず換気してください。

ほんのちょっと綿棒にとって、

ゴシゴシ、ゴシゴシ。

ブローチ洗浄

あれ、落ちきってない・・・。

ピカールあきらめます。

ブローチ洗浄

ホームセンターで売ってる

研磨剤が入った「銅磨きクロス」を使います。

「シルバークロス」でもOKです。

シルバークロスは100円ショップでも購入できます。

クロスで数回磨いたら

あっという間にきれいになります。

最後によく洗って、

しっかり水気をふき取って終了です。


平らな面や細い線径のアクセサリーには

このクロスの方が簡単にお手入れできますが、

凸凹の荒らし模様が入ったものだと、

窪みの汚れを完全に磨ききれないので

そこは重曹が便利です。


汚れの種類によっては

落ちるものと落ちないものがあるので

上記をお試しいただいてもきれいにならない場合、

送料はお客様のご負担となりますが

無料で磨き直しをさせていただいております。
(GREGORIO GLEAMの品に限ります)


件名「磨き直し希望」と書いてメールでこちらまでご連絡ください。

折り返しお返事させていただきました後、

82円切手を同封して指定住所までお送りいただきます。

発送は普通郵便で結構です。

届きましたら磨き直しをして

クロネコヤマトメール便で発送いたします。



磨き直しやお手入れ方法について、

また、その他ご質問がございましたら

こちらまでご連絡ください。







コメント
コメントする