真鍮お手入れ 〜重曹編〜

2013.06.14 Friday

真鍮お手入れ 重曹

気がついたら真鍮にこんな黒いシミが

付いていることがあります。

これは何らかの水分がふき取られずに

そのまま真鍮の上で乾いてしまった場合に

起こります。水分といっても様々で

濡れた手で触るのは分かりやすいですが、

手の汗、また化粧をした手で触ったり、

アクセサリーをつけたまま香水や

ヘアスプレーやワックスを使用して、

知らない間に付着して

シミになってしまうことがあります。

真鍮お手入れ 重曹

でも、こんなシミでも重曹を使うと

ここまでキレイになります。

真鍮お手入れ 重曹

今回お手入れしたのはブローチなのですが、

面積の大きいものだと

そのまま一度水につけてしまいましょう。

表面に少し水滴が残っている状態にして

お渡ししている重曹を指でひとつまみ

パラパラとふりかけます。

あとは指でゴシゴシ、ゴシゴシ、磨きます。

重曹が黒くなっていくのと同時に

真鍮の表面は汚れが取れて

きれいになっていくのが分かります。

これがなかなか気持ちいいんです。

画像のように嵐模様が入っているタイプだと

重曹が一番おすすめです。

重曹の粒子がテクスチャの隙間に入り込んで

汚れをかきだしてくれるからです。

きれいになったと感じたら

流水でよく洗い流してタオルなどで

水気を完全に拭き取ってください。

重曹と水だけでここまでキレイになりました。

真鍮お手入れ 重曹

GGで商品をお買い上げいただくと

重曹とお手入れ方法を書いた紙を

一緒にお渡ししております。

これからの季節は湿度・気温共に高くなり、

真鍮のお手入れ頻度が増えることと思います。

お風呂に入ったときに一緒に洗ってあげたりして

お客様だけのアクセサリーに

育てていただけましたら幸いです。



もし、重曹がなくなってしまった場合は

歯磨き粉で代用できます。

上記の方法で汚れが落ちなかった場合は

無料で磨きなおしをさせていただきますので

ご遠慮なくお申し付けくださいませ。

その際の送料はお客様に

ご負担いただくことになりますことを

予めご了承くださいませ。



お問い合わせに関しましては

コメント欄からではなくこちらからお願いいたします。



コメント
コメントする